学校にはない学びが自然にはある。
学校にはない学びが自然にはある。

過去のキャンプ

一覧へ

名称 17745:アウトドア生活に挑戦!チャレンジキャンプ 日程 2019年7月29日~8月1日
場所 福島県東白川郡鮫川村 対象 小学3年生~中学3年生

2019年7月29日~8月1日(3泊4日)の期間に、福島県東白川郡鮫川村で「アウトドア生活に挑戦!チャレンジキャンプ」を実施しました。提供団体の「一般社団法人あぶくまエヌエスネット」より下記の通りキャンプのご報告をいたします。

 

>>本キャンプの募集ページ

>>提供団体の詳細

 

1日目

▼集合・移動時、昼食の様子

 

今回のキャンプには、元気な小学3年生~中学2年生までの子ども達が参加してくれました。集合場所の上野駅ジャイアントパンダ前で、家族のお見送りを受けてました。上野駅を定刻に出発しました。

 

2019072910 2019072911

 

座席で隣が初めての子同士、自己紹介をして会話が生まれ、トランプや本、中には宿題をやる子も・・・それぞれで楽しげでした。特急「ひたち」が「勿来」駅手前で線路安全点検ということで15分程度動かなくなるハプニングがありましたが、子ども達は元気に駅に着きました。ここで宮城からの参加者とも合流しました。

 

みんな揃ったところで送迎車のマイクロバスで移動しました。10名以上のスタッフが3泊4日の寝食を共にします。体験民宿WARERA元気倶楽部に到着して、早速、昼食「冷やしうどん」を美味しく頂きました。

 

2019072913 2019072914

 


 

▼午後の様子

 

・開校式・オリエンテーション・フィールドワーク
・おやつタイム・係決め
・体験活動プログラム:ウォールクライミング、工作など
・山村生活体験:犬の散歩、動物の世話、薪割り、ドラム缶風呂火おこし、夕食準備など

 

昼食を食べ終わると小雨が降り始め徐々に強く振りだして、ついに雷がゴロゴロ。フィールドワークは出来ない状況になりました。その代わりに、子どもたち同士、スタッフのことを知ってもらえるようにレクリエーションも交えて、オリエンテーションを行いました。

 

2019072915 2019072916

 

外国人スタッフでイタリア、スウエーデンのメンバーに母国語で自己紹介してもらいました。生のイタリア語・スウエーデン語を聞くことも学びですね。とても優しいフレンドリーな青年です。そんなメンバーに守られながらの3泊4日にあります。名前リレーは、部屋ごとに分かれてやりました。雨のおかげで、子ども達が仲良くなる時間が持ててかえって良かったです。

 

係決めの子ども会議では、中学2年生の子に進行をやってもらいました。子ども達も自分から手を上げて、係を率先して決めてくれました。希望が重なってしまった子は、スタッフとジェンケンチャンピョンをして決めました。やる気満々の子ども達です。

 

2019072917 2019072918

 

雨が一瞬上がったので、フィールドワーク「シャワールーム・びびり橋・ボルタリング・工作室」の説明をやりました。その後、約1時間自由に思い思いの活動をやりました。

 

「自宅にボルタリングの壁がある」という子もいて、まさに得意げに、身のこなしも素晴らしい。「インストラクター役でアドバイスしてあげて」とやりたい子が後に続きます。すると、見事に上まで行ける子が続々と。工作も、室内で折り紙をやる子もみんな楽しく活動することが出来ました。

 

2019072919 2019072920

 

16時から係り活動~それぞれ分かれて、大人スタッフも入って進めました。ドラム缶風呂の火おこしでは、薪割りも子ども達にやってもらいました。はじめてやる子が多かったのですがケガもなく上手に割ることが出来ました。係以外の子も「やりたい!!」と。周辺にいた子は。斧を交代で持って、薪割りに挑戦しました。きちんとレクチャーをしたので、みんな上手に出来ました。

 

2019072922 2019072921

 


 

▼夕方・夜の様子

 

・夕食(施設提供及び野外料理)
・入浴(シャワー・ドラム缶風呂)・体調チェック
・子ども会議(翌日の当番決め)・1日のふりかえり
・就寝準備・就寝(施設泊)

 

夕食は、「焼き肉野菜丼」がメインです。おかわりもして、みんな完食でした。ごちそうさまの前に、いくつか連絡する事、夜の約束を紹介してみんなと約束の共有をしました。4つ目の約束は「さみしくならない!!」ユニークな約束ですよね。

 

2019072923 2019072912

 

ごちそうさまの後は、皿洗い・食堂の掃除も最後まできちんとやってくれました。19時からシャワーとドラム缶風呂です。みんなドラム缶風呂に楽しく入りました。その間、ネイチャーキッズの「あしあと手帳」の健康記録に記入し、少しフリータイムもあるので、将棋、五目並べ、オセロ、剣玉などそれぞれに楽しみました。この自由さがとても良い感じでした。

 

2日目

▼午前の様子

 

・起床・身支度
・朝の体操・当番活動(野外炊飯、食事準備)
・朝食(施設提供及び野外料理)
・動物のお世話
・体験活動プログラム:小川遊び、虫取りなど
・テント設営デモンストレーション
・昼食(本格石窯で焼き上げるピザ作り体験)

 

2日目は、日中の気温30℃ 夕方24℃でした。子どもたちは、元気よく起床しました。日直さんが体操当番!朝の体操で体をほぐして、さあ、朝食です。釜戸ご飯当番の子も、薪割りや火おこしも頑張ってくれました。ふっくらご飯が炊けました。台所の当番の男子3人。「卵焼きは僕に任せて!」と上手に焼いてくれました。

 

2019073013 2019073010

 

昼食は、本格石窯で焼き上げるピザです。その準備として生地作りから率先してお手伝いをしてくれました。

 

2019073015 2019073016

 

体験活動の時間では、小川で生き物探しをして、カエル、ドジョウ、ヤゴなどをバケツに入れて喜んでいました。

 

2019073014 2019073011

 

今日は、テントでお泊まりです。そのために準備を進めた日中でした。ピザづくりの前に、スタッフが見本をみせながらテント設営のレクチャーを行いました。子ども達は、バッチリマスターした様です。薪割りの手順も説明しました。

 

2019073012 2019073017

 

昼食では、子ども達はとても上手にトッピングが出来ました。昼食のピザを美味しく完食しました。

 

2019073018 2019073019

 


 

▼午後の様子

 

・テント設営
・ネイチャーゲーム
・おやつタイム・係決め
・山村生活体験:犬の散歩、ヤギと鶏の世話、夕食準備、ドラム缶風呂など

 

午後は、裏山(ぽんた山)でテント設営です。山に3段で平らな所があるので、上を男子、中段を女子にしました。女子も男子も手際よく、協力しながら、そして楽しみながらテントをたてることが出来ました。

 

2019073020 2019073021

 

一段落したところで「ネイチャーゲーム」をやりました。はじめは、スタッフの背中に、ある動物のカードをつけて、その生き物を一つずつ質問をして、子ども達からの答えは「はい・いいえ」のどちらかで回答します。体の大きさ、好きな食べ物、どの環境で生きているのか、集団で生活しているかなど、スタッフの質問に、迷わす回答が来るので、悩んで分かりませんでした。

 

子ども達から今度はヒントを出してもらいました。「たぬきとよく比べられます」それで分かりました。答えは「きつね」でした。

 

今度は、スタッフのやったことを子どもにやってもらいました。沢山手が上がりました。早速、質問を投げかけます。またまた回答に迷っています。みんなからもヒントをもらいました。

 

「樹液が好きです!」「カブトムシ」これもおしい!けど不正解。そのみんなの反応を見て「クワガタ」と答えて!!はい、正解。楽しい時間でした。

 

2019073022 2019073023

 

宿舎の田舎体験の家に戻り、おやつタイム・夕方の係を決めました。係決めは日直さんの二人が進行してくれました。みんなとにかく積極的です。

 

ちょうど16時になったので、犬の散歩、にわとり・ヤギの世話、釜戸ご飯&カレーつくり、台所調理、皿洗い、食堂掃除、日直とそれぞれが役割を責任持ってやってくれました。

 

2019073024 2019073025

 


 

▼夕方・夜の様子

 

・夕食(施設提供及び野外料理)
・入浴(シャワー)・体調チェック
・星空観察
・就寝準備・就寝(テント泊)

 

動物のお世話が終わって、男子と女子がそれぞれでシャワータイム。夕食のカレーライスも美味しく上手に出来ました。釜戸のご飯はいつも完食!!カレーも4杯おかわりした子もいました。

 

2019073026 2019073027

 

皿洗い、食堂掃除も無事に終わって、健康記録に記入し、一人一人自分の水筒・虫除け・寝袋を持ってぽんた山に向かいました。

 

銀マットを敷き、その上に寝袋に入って夜空を眺めます。残念ながらこの時は、星は見ることが出来ませんでしたが、その後に奇跡が起こりました。なんと夏の大三角形が!他にもたくさんの星を見ることが出来ました。見た子ども達は良い記念になりました。それぞれのテントにスタッフが一緒に付いて、子どもたちと楽しく就寝しました。

 

3日目

▼午前の様子

 

・起床・身支度
・朝の体操・当番活動(野外炊飯、食事準備)
・火おこし、薪割りの練習
・朝食(施設提供及び野外料理)
・体験活動プログラム:小川遊び、虫取り、クライミングウォール、ターザンロープ
・ナイフでお箸づくり

 

ぽんた山で元気におはようございます。朝食もぽんた山で作りました。火おこしの技・薪割の技をレクチャーして、その実践も出来ました。みんなスキルが上がっています。全員が薪割をやりました。

 

2019073115 2019073114

 

朝食を腰掛けて、みんなの顔が見えるように長方形に腰掛けを置きました。食欲もバッチリ元気な証拠です。ごちそうさまをして、ぽんた山を下りました。

 

10時まで休憩タイムなのですが、小川遊びで虫をバケツに、ボルタリング、ターザンロープと、結果的に休憩タイムが遊びタイムとなりました。

 

2019073116 2019073117

 

昼食前に、箸作りをやりました。竹の箸です。ナイフを渡して、扱い方のレクチャー後、一人ひとり箸作りに挑戦しました。じっくりゆっくり、怪我の無いように確実にということで時間をかけて指導しました。

 

2019073119 2019073118

 


 

▼午後の様子

 

・昼食(流しそうめん)
・オリエンテーリング
・おやつタイム・係ぎめ
・入浴(シャワー・ドラム缶風呂)・体調チェック
・山村生活体験:犬の散歩、ヤギと鶏の世話、夕食準備、ドラム缶風呂など

 

昼食は、流しそうめんです。流しそうめん準備係は、長い竹を半分に切って、節をトンカチで削る作業を子ども達に頑張ってもらいました。丁寧にやってくれたおかげで、素敵な流しそうめんの竹が完成!!設置をして、試験に水を流して、さらに竹の内側を磨きました。綺麗になった事を確認して、いよいよ流しそうめんです。

 

2019073120 2019073121

 

流れてくるのは、そうめん、ミニトマト、チーかま、ミカン、桃などなど、子ども達は、フルーツが流れてくると大興奮でした。もちろん、そうめんもたくさん食べました。盛り上がった流しそうめんはきっと思い出になりますね。

 

2019073113 2019073122

 

食後の休憩と伝えたのですが、遊びたくて、遊びたくて、スタッフにターザンロープやって欲しいと遊びの勢いは止まりません。元気な証拠です。

 

今回のチャレンジキャンプのテキストでもある「まさか!のときの生き残り塾」を子ども達に1冊ずつ渡しました。子ども達は、興味を持って読んでくれました。薪割り、火おこしの技もすでにレクチャー済みなので、さらに理解度が深まった感じでした。

 

2019073123 2019073124

 

そして、ぽんた山でオリジナルのオリエンテーリングをやりました。テントごとのチームで行いました。5つのポイントをまわって、その場所には必ず課題があります。その課題を全員がクリアして、ラストのゴールを目指すのです。

 

2019073110 2019073125

 

 

1.丸太のトライアングルをチーム全員ゴールする
2.動物カードを1枚選ぶ
3.竹のジャングルジムで、ユニークなポーズをとる
4.ヤッホーエリアで、声を合わせて「ヤッホー」をする
5.積み木どんで3分の間でとにかく積み木を高く積み上げる

 

優勝は、「わたあめ君チーム」でした。丸太渡りが難しかったのか、クリア出来なかったチームが2チーム。ここが勝負の行方に左右したのですね。どのチームも一生懸命楽しくやってくれました。

 

2019073112 2019073111

 

おやつタイムも和気あいあいで、係り活動を決めるラストです。明日の朝の係まで決めました。みんな協力的です。ドラム缶風呂タイムです。今日は女子から先に入りました。

 


 

▼夕方・夜の様子

 

・夕食(施設提供及び野外料理)
・子ども会議(翌日の当番決め)・1日のふりかえり
・就寝準備・就寝(テント泊)

 

夕食は、肉じゃが丼、きゅうりサラダ、グレープフルーツです。夕食を食べながら、会話も弾みました。とっても雰囲気が楽しいので、子どもたちの笑顔も素敵です。美味しく夕食の肉じゃがを頂きました。夕食後に皿洗いや歯磨き、健康記録記入を行い、ぽんた山に戻り、ソロキャンデイ(ブルーシートで寝る技を披露)レクチャーしました。その後、テントへ移動しました。テントは、2泊目なので、子ども達は落ち着いた感じでした。

 

2019073126 2019073127

 

4日目

▼午前の様子

 

・起床・身支度
・朝の体操・当番活動(野外炊飯、食事準備)
・朝食(施設提供及び野外料理)
・テント撤収
・動物のお世話
・体験活動プログラム:小川遊び、虫取り、クライミングウォール、ターザンロープ
・帰りの支度(荷物整理・寝袋整理・清掃活動)

 

最終日の気温は上がりましたが、高原の気候なので爽やかに起床できました。ぽんた山で朝食準備です。誰が係と言うことなく、自主的に釜戸に火をおこして、味噌汁用・羽釜のご飯と男子が率先してやってくれました。

 

2019080112 2019080110

 

ご飯も上手に炊けて、みんないっしょに「いただきます!」。炊いたご飯はほとんど無くなりました。食欲バッチリ、最終日も元気が増している子ども達です。

 

食後は、寝袋をたたみ、男子テント、女子テントをみんなで協力して撤収する事ができました。テント泊をすると、子ども達の仲良し度がアップするのでしょうか?本当に仲良しの雰囲気です。

 

2019080113 2019080111

 

ぽんた山から田舎体験の家に移動し、荷物の整理です。これは「お母さんをビックリ大作戦」(バックを開けたときに、綺麗に一つ一つをたたんでいる事。「それを自分でやった!」と言えるようにしよう。)苦戦した子もいましたが、おおよその子はやってくれました。

 

ネイチャーキッズの「あしあと手帳」では、3泊4日した思い出を書いてもらいました。中には絵だけで終わる子もいたりして、それは様々です。

 

2019080115 2019080114

 


 

▼午後の様子

 

・昼食(施設提供)
・閉校式
・移動・解散

 

みんなで「いただきます」をする最後の昼食です。メニューは「海老ピラフ」でした。これまた完食でした。

 

終わりの会では、「たくさんの活動が出来て感動しています。ご苦労様でした。」なんだか、大人が言うようなコメントだったので一同笑い。「テントで2泊出来て良かった!!」「流しソーメンが印象的だった。」と7、8人に自主的に言ってもらいました。みんな楽しげに発表してくれました。

 

2019080116 2019080117

 

スタッフからも一人一人メッセージを子ども達に贈りました。たくさん、活動する事が出来て、満足そうな子ども達でした。最後の記念に集合写真を田舎体験の家で撮りました。

 

いよいよ送迎車のマイクロバスに乗車です。勿来駅に到着!ここで宮城から参加してくれた子は、サヨナラです。電車が少し早く出発。みんなで手を振りました。互いに楽しかったことを瞬時に思い出しながらのサヨナラでした。特急「ひたち」の中も、寝ている子はほとんどいませんでした。元気モリモリです。上野駅に予定通り到着しました。ジャイアントパンダ前で解散式。一人ひとりの保護者の方に、期間中の出来事を報告させて頂きました。

 

2019080118 2019080119

 

思い出いっぱいの3泊4日で、都会にこんなに元気な子ども達がいてくれる事が私達の励みになります。「自分の意見を持っている子ども達!」でした。今回のキャンプは終わりですが、「また会いたい!!」って思いました。

 

  • 画像