学校にはない学びが自然にはある。
学校にはない学びが自然にはある。

過去のキャンプ

一覧へ

名称 17730:海の世界を探検!葉山で海遊びキャンプ 日程 2018年8月1日~3日
場所 神奈川県三浦郡葉山町 対象 小学1年生~小学6年生

2018年8月1日~8月3日(2泊3日)の期間に、神奈川県三浦郡葉山町で「葉山で海遊びキャンプ」を実施しました。提供団体の「NPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センター」より下記の通りキャンプのご報告をいたします。

 

>>本キャンプの募集ページ

>>提供団体の詳細

 

1日目

▼集合・移動時、ガイダンス、昼食の様子

・集合・移動
・ガイダンス
・海岸散策(葉山公園・大浜海岸)

 

横浜駅に集合したネイチャーキッズの子どもたち。全員が集合時間前に集まることができました。小学1年生から6年生までのキッズたちが参加しています。海の町・葉山に移動して活動開始です。今年の夏は、全国的に猛暑。横浜駅構内も暑いですね。葉山は、海岸性の気候なので、暑いことは暑いのですが、風がさわやかです。早く移動して、海へ行きましょう。電車とバスを乗り継いで、施設へ到着。まずは、葉山公園へ行って、これから3日間を楽しむ大きな海を見に行きました。

 

2018080117 2018080110

 

 


 

▼午後の様子

 

・昼食
・磯で生きもの・海岸で漂着物を観察しよう!海であそぼう!

 

昼食を済ませて、水着に着替えて、いざ海へ!午後は、磯で生きものを観察し、海で思いっきり遊びます。ライフジャケットを着用しているので、泳ぎに自信がない子もちょっと安心です。まずは、暑さしのぎに海へ入って水かけっこ。今年初めて海に入る子もいるようで、最初はためらいながらも、気が付くと潜っていました。

 

2018080111 2018080112

 

今日は、潮の引きが最高です。磯の生きもの観察が楽しめます。子どもたちは、それぞれ手網とケースを持ち、バディで磯の生きものを見つけました。カニ、ヤドカリ、ウニなど、名前は分からないけれど、「カニ捕まえたよ!」と大はしゃぎ。生きものにとっては大変でしょうが、大人もはまってしまうほど楽しい活動の一つです。

 

2018080113 2018080114

 

海にジャブジャブ入りながら、色々な生きものを発見していく子ども達。子どもの達の観察能力の高さには驚かされます。海を満喫した後は、施設に戻ってシャワーと着替え。「あしあと手帳」を書いて、食事の準備になります。

 


 

▼夕方・夜の様子

 

・夕食(スタッフ調理)
・夜の海岸探検
・入浴
・就寝準備・就寝

 

今日の夕食は、もやしと白菜と豚肉の炒め物、太いゴボウのきんぴら、ヒジキの煮物、ポテトとマカロニサラダ、切り干し大根です。ボリュームいっぱいの健康和食メニューでした。みんな海でいっぱい遊んだ後なので、お腹がペコペコ。おかわりする子も続出でした。

 

2018080115 2018080116

 

お腹がいっぱいになった後は、みんなで片付けをし、夜の海岸探検へ。葉山の夜はひんやりとしてきます。冷房もいらないくらいです。海岸に出ると、波の音が耳に気持ち良いですね。子ども達の普段の生活では、あまり目や耳にすることがない真っ黒な海と波の音。今回の宿泊場所は、長者ケ崎海岸の前にある「大海荘」。今日は、朝早くからの移動や海あそびで疲れが出ているでしょうから、波の音を聞きながらゆっくり休みました。

 

2日目

▼朝・午前中の様子

 

・起床・朝探検
・朝食(スタッフ調理)
・ガイダンス
・午前の部:シーカヤック&スノーケリングに挑戦!

 

起床して洗面した後は、朝食のために施設へ移動します。海岸をまわって海風を感じながらの移動です。朝食はバイキング形式のパン食です。自分の好きなものをチョイスしながら準備をしました。ハンバーグ&チーズ、グリーンサラダ、バナナとゼリー、牛乳とオレンジジュース。ジャムも何種類かあるので、パンに何をつけて食べるか迷ってしまいそうです。

 

2018080210 2018080211

 

食事後の片付けが終わった後は、水着に着替えて、いざ海へ!今日は、シーカヤックに挑戦します。ライフジャケットやパドルを持って海岸へ移動し、3グループに分かれてパドルの練習をしたのち、長者ケ崎海岸から対岸の長者ケ崎まで漕ぎだしました。

 

2018080212 2018080221

 

みんなで協力しながら気持ちを一つに漕げたかな?「右、左、右、左・・・」と声を出して気持ちを合わせます。最初は、方向が定まらなかった艇も、だんだん気持ちが合ってきて、上手に前に進んでいきました。対岸へ上陸です。写真撮影後は、思いっきり海あそびを楽しみます。飛び込みを行う子、ひたすら貝やビーチグラスなどを拾う子、生きもの探しをしている子。それぞれ自分の一番やりたいことをしました。

 

2018080222 2018080223

 


 

▼昼・午後の様子

 

・昼食(弁当提供)
・午後の部:シーカヤック&スノーケリングに挑戦!
・シャワー・着替え

 

昼食はおにぎり弁当です。みんなよく食べて、また海へ。飛び込みは、子ども達にとってちょっとした冒険なのですね。何度も何度も飛び込んで、大笑い!見ている方が思わず笑ってしまいます。

 

今日の夜に作るオリジナルフォトフレームの材料拾いにも精が出ます。男の子はビーチグラスを拾う子が多く、それも、大物ばかり。ビーチグラスは、割れたガラスが波の力で丸くなったものですが、まだ、とがってような物も彼らには宝物なのですね。女の子は、かわいい貝殻を拾う子が多く、なかなかのセンスに驚きです。きっと、自分の頭の中には、こんなものを作りたいというイメージが出来上がっているのでしょうね。半島での過ごし方は、それぞれがやりたいことを行った時間でした。

 

2018080214 2018080213

 

いよいよ帰りの支度です。少しずつ風が上がり、波がざわざわしてきました。いざ、出航!すいすいと漕いでいく艇もあれば、中には操作が思うようにいかず、座礁してスタッフに助けてもらった艇もありました。それでもみんな無事に海岸に戻り、おやつをもらって小腹を満たし、後片付けに入りました。

 

2018080215 2018080216

 


 

▼夕方・夜の様子

 

・夕食(野外料理・バーベキュー)
・オリジナルマリンクラフト作り
・入浴
・就寝準備・就寝

 

本日の夕食は、お楽しみバーベキューです。火をおこして、まずは、ハンバーガー作り。ハンバーグを焼いてレタスと一緒にパンに挟み、ケチャップ&マスタードを付けて出来上がりです。焼きそば、鳥串、フランクフルト、トウモロコシ、トマト、スイカなどを食べ、最後にマシュマロ焼きを楽しみました。お腹いっぱいだったと思うのですが、まだ、食べたいコールがありました。「大丈夫?そんなに食べて!」。子ども達にとってバーベキューはお楽しみだったようで、「初めてバーベキューをした」「こんなに美味しいバーベキューは初めて」色々な声が飛び交っていました。子ども向けのバーベキューを考えてはいましたが、これほど喜んでもらえると準備しがいがあって嬉しいですね。

 

2018080217 2018080218

 

片付けの後は、オリジナルフォトフレーム作りをしてました。みんな真剣そのもの。こんなに集中している姿を見てちょっとびっくりしました。夜の風の中、涼みながら民宿に移動して、入浴を済ませてぐっすり。今日もたくさん活動しました。どんな夢を見ているのでしょうか。おやすみなさい!

 

2018080219 2018080220
 

3日目

▼朝・午前中の様子

 

・起床・荷物整理・荷物の移動
・朝食(スタッフ調理)
・ガイダンス
・パドルボードに挑戦!

 

起床後、施設へ移動して朝食準備です。今朝もパン食です。メニューは、目玉焼き、ハム、ポテトサラダ、ヨーグルト、オレンジ、牛乳とりんごジュースです。ジャムの種類も日に日に増えていきます。ロールパンにジャムを埋めて食べる子。「この食べ方は最高なんだよ!」と教えてくれる子もいる子もいました。今朝もいっぱい食べました。片付けを終えて、自分の荷物を整理し、水着に着替えて、海へ出発!

 

2018080310 2018080311

 

今日の海あそびは、3グループに分かれて、①ニッパーボードで波遊び、②大きなフロートで落水、這い上がり(これは、災害時の安全にもつながる活動です)、③マスク&スノーケルを装着して魚類観察の3種類。30分ローテーションで、3種類の海あそびを満喫しました。

 

2018080312 2018080313

 

フロートに乗ったり落としたり。最後までフロートの上に残ったチャンピオンは誰でしょう?ニッパーボードは、パドリングの練習をして波乗りです。波乗りは本当に楽しいです。最後にはボードに立つバランス感覚の良い子も何人かいました。マスクとスノーケルの使い方を教わり、魚を驚かせないようにゆっくり進んでいきます。「青い魚が見れたよ!」などの声。ソラスズメダイなどが観察できたようです。終わって頃にはみんなへとへと。おやつタイムを終えて、施設に戻るころには、遊び疲れて足元がよれよれの子もいました。

 

2018080314 2018080315

 


 

▼昼・午後の様子

 

・昼食(弁当提供)
・3日間のふりかえり、修了証の授与
・移動・解散

 

施設に戻ってシャワー、着替えを済ませ、昼食の準備になります。昼食は、から揚げ弁当です。海で体力を使った子ども達は、さすがにお腹が空いたのでしょうね。ほとんどの子が完食していました。いっぱい運動して、食べて、寝る。これほど健康に良いことはないと思います。

 

最後の荷物を片付けて、いざ、バス停へ。バスから降りて、大きな荷物を受け取り、電車に乗り継いで、解散場所の横浜駅北口まで移動していきます。解散時の子どもたちは、お迎えに来てくれたお父さん、お母さんの顔を発見すると、ほっとしたような顔をしていました。

 

2018080316 2018080317

 

今回の3日間で、子ども達は確実にたくましくなりました。海の楽しみも知ってもらえたと思います。今回のキャンプをスタートとして、これからももっともっと自然体験を極めていってほしいと思います。また、海で会えることをスタッフ一同、楽しみにしています。

 

今回、研修として高校生、大学生のお兄さんたちが指導サポートに入ってくれました。彼らも以前は、みんなと同じように、このようなキャンプに参加していました。そして、今はサポートする側で一緒に活動しています。みんなも将来、このような活動で指導してくれる人に育つことを楽しみに待っています。

 

  • 画像