学校にはない学びが自然にはある。
学校にはない学びが自然にはある。

【石川県】NPO法人未来の暮らしデザイン研究所

ILDFロゴ

【石川県】NPO法人未来の暮らしデザイン研究所

設立:2015年、拠点:石川県白山市八幡町、代表:中嶋謙仁(代表理事)
多様なテーマと分野で「持続可能な未来を志向した暮らし」を目指し、豊かな自然環境や里山での暮らしの知恵を活かした共創する場と機会づくりを行っています。

未来の暮らしデザイン研究所(教育支援協会北陸)では、日本三名山の白山(標高2,702m)の麓に位置する石川県白山市で、仲間との遊びや共同生活、地域の方とのふれあいの中から、子どもたち自身の育つ力を大切に「学びと成長」の機会と場を創出しています。

新しい友達を作ったり、人に対する心遣いや、約束を守る大切さなどを学びながら過ごします。大自然を魅力を満喫したり、地元の人達やボランティア、スタッフのサポートを受けながらおもいっきり遊び、触れあい、仲間がたくさん出来、みんなで助け合って生きることを学びます。そして、自主性を育む参加型体験活動を楽しみながら、生きるための知恵や知識をたくさん吸収してたくましさを増すと同時に、仲間を思いやるやさしさや感謝をカタチにしてアクションすることも身につけます。活動の経験が子どもたちにとって、新しい発見や心豊かに育つ、更なるステップとなることと信じています。

私たちは、行政や大学、国内外の教育関連団体や生涯学習に関わる研究者及び実践者と協力、連携しながら、多様な世代、価値観、立場の人たちが共に学び、議論し、研究し、実践する「共創の場」を創り、自然と共生しながら持続可能で幸福な社会システムを提案し、未来志向の暮らしの実現に寄与することを通じて社会の改革推進を行う為に設立されたNPO法人です。

<主な事業>
・未来への翼(青少年交流プログラム):福島県や石川県の子どもたちを対象とした、学校の長期休暇中における自然体験交流活動の実施
・小学校英語指導に関する調査:北陸4県における市町村教育委員会への社会調査
・社会教育の推進:社会教育セミナーの開催・おもしろサイエンス模擬プログラムの実施
・放課後キッズクラブの運営指導:県内の学童クラブの運営指導
・教育シンポジウムの運営:教育支援協会本部や小学校英語教育指導者認定協議会と連携し、石川県における教育シンポジウムを運営
・里山学舎Yui. :里山の暮らしと農業体験ワークショップの実施

団体詳細はこちら