学校にはない学びが自然にはある。
学校にはない学びが自然にはある。

【長野県】NPO法人教育支援協会長野

ksknagano

【長野県】NPO法人教育支援協会長野

設立:2008年、拠点:長野県岡谷市、代表:芝野靖(代表理事)
子どもたちの新しい学びの場を作ることを目的に設立された団体です。様々な教育資源の開発・研究に取り組み、子どもたちの自立学習を促進する活動を展開しています。

教育支援協会長野は、教育支援協会全国ネットワークの長野支部として発足し、全国ネットワークと連携してさまざまな教育活動を実施してきました。2008年の長野県認証後も、その活動を継続し、現在に至っています。夏冬のキャンプ体験、週末のサイエンス体験、放課後の学習体験等、さまざまな教育活動を通して人間関係性の育成を行い、子どもたちのお互いを思いやる心、助け合う心の育成に努めています。

教育支援協会長野では、長野県や山梨県の宿泊設備の整った教育施設を使い、親元を離れて初めて宿泊をする子や初めてテントで宿泊する子などの、初級の宿泊体験キャンプを実施しています。体験活動に適した豊かな自然環境で、地域の方々にも参画して頂き、人と人との温かいつながりを大切にしたキャンプを行っています。

子どもたちは、異なる学年の子どもたちで6~8人くらいの班をつくり、各班には、大学生、大学院生、社会人のボランティアリーダーがついて、一緒に生活します。当協会のボランティアリーダーは、一時的なイベントスタッフとしては採用せず、通年で当協会と連携し、研修合宿やボランティア活動に参加し、子どもたちとの活動を大切にする信頼できるリーダーです。

<主な事業>
・自然体験活動:首都圏や長野の子どもたちを対象とした長期休みの自然体験活動
・サイエンスキャンプ科学体験活動:専門スタッフが理系の大学・大学院生と協力し、高度な内容にも踏み込み科学に対する興味関心の育成をめざした活動を実施
・小学校英語指導者の育成:J-SHINEの資格認定講座を実施。長野県内の小学校へ指導者を紹介する。
・放課後キッズクラブの運営:J-SHINE資格取得者による放課後の英語体験活動を、長野県内にて実施。放課後の学習支援活動も平行して行う。
・教育シンポジウムの運営:J-SHINE、教育支援協会本部と連携し、長野県における教育シンポジウムを運営
・教育プログラム開発:社会人(看護師)向けの数学指導プログラムの開発・提供、長野県内の医師会付属の看護学院と連携

団体詳細はこちら