学校にはない学びが自然にはある。
学校にはない学びが自然にはある。

【福島県】NPO法人あぶくまエヌエスネット

abukuma

【福島県】NPO法人あぶくまエヌエスネット

設立:1995年、拠点:福島県東白川郡鮫川村、代表:進士徹(理事長)
自然豊かな里山の環境で、「土、自然から学び共に生きよう」をコンセプトとした自然体験、農業・田舎暮し体験を行い、多様な人との交流の場づくりを行っています。

「あぶくまエヌエスネット」は、現代に生きるすべての人を対象に、のびのび生き生きした遊びや昔ながらの土に触れる暮らしの体験をとおして、楽しみ、笑い、リラックス、体力の維持や増進、多様な人との交流による気づきや学び、豊かな心の育成を目的に、様々な体験交流活動に取り組んでいます。

キャンプ地は、あぶくま高原の南端に位置します。豊かな森や湧水に囲まれ、集落は自然に寄り添いながら、田畑で自ら育てた作物を食べ、建物や敷地を手入れして暮らしています。キャンプではそうした「生み出す暮らし」の楽しさや豊かさに触れてもらえたらと考えています。なお、キャンプ中の食事のお米や野菜などの材料のほとんどは、日々スタッフが田畑で世話をし育ててきたものです。

また、わたしたちのキャンプではグループ分けがありません。大人と子ども、参加者とスタッフ、男女などの区別なく、様々な性格やバックボーンの人が入り交じることで、多様さが認め合えるあたたかな雰囲気になり、互いが互いを尊重し、頼りあいサポートしあい、学び合うことができます。

<主な事業>
・ ぽんた山元気楽校:小学生・中学生を対象とした自然豊かな環境での遊びと、田舎暮らしを基盤とした共同生活体験を行っています。
・都市交流:都市で生活する大人や家族を対象に、田舎暮らし、農林業、食、ボランティア体験をキーワードに様々な体験を提供しています。
・食や農の体験:団体や個人を対象に、石窯ピザ焼き、石窯パン焼き、そば打ち、うどん打ちなどの体験を提供しています。
・宿泊施設(体験民宿WARERA元氣倶楽部):古民家を改修した建物を宿泊施設として営業しています。
・ボランティア育成:高校生以上の大人を対象に、上記のぽんた山元気楽校へのボランティアとしての参加を受け入れています。参加者は、子どもの遊びや生活面でのサポートを行います。
・海外ボランティア受入/特定非営利活動法人NICEを通じて、世界各国のボランティアを受け入れています。日常の施設管理や農作業、体験事業の交流スタッフを担っています。
・講演・研修:体験交流活動等に関連する様々な講演会や研修会の主催や協力、講師の派遣を行っています。

団体詳細はこちら